地震保険の必要性

近年地震が増え、気になりだしている地震保険について - 地震保険の必要性

地震保険の必要性

1399954250471地震保険というのは、もちろん加入するに越したことはありません。
日本は地震社会ですし、いつ大きな地震が起こるかわかりません。
そんな時に地震保険に加入していれば、万が一被害を受けた時にもしっかりと補償をしてもらえるので、地震保険に加入しておけば安心なのです。
ただ、実際は地震保険の加入率というのは、決して高くはありません。
もちろん、一昔前に比べれば加入率も大幅にアップしました。
それでも、火災保険であったりがん保険などに比べれば、加入率は低いと言わざるを得ません。
確かに、地震保険の必要性は高いです。
しかし、一方で火災保険とセットで加入しなければならなかったり、保険料そのものも高いなど、決して気軽に加入できる保険ではないのです。
さすがに、家計に余裕がないのに無理に加入しては意味がありませんから、加入したくてもできない人もいるのです。
また、地震保険に加入すれば、確かに補償はしてもらえるのですが、上限もあるので100%全てを補償してもらえるとは限りません。
さらに、補償の際に色々と条件が課されるなど、不便な点も多いのです。
ですから、地震保険の制度そのものを、もう少し改善すべきだと個人的には思います。
せめて、地震保険単体でも加入できるようにして、もう少し保険料を安くすれば、さらに加入率はアップすると思います。
現状では、いくら地震の危険性を訴えたところで、これ以上加入者が増えることは考えづらいです。
将来のことを考えることはもちろん大事ですが、今を生きていくことも我々には必要なのです。
ですから、いくら保険に加入することが大事だとは言っても、どうしても限りがあります。
全ての保険に入ることなんてまず無理ですし、金銭的に余裕がなければ、入った方がいい保険に入るのも難しくなるのです。
ですから、私も地震保険は入った方がいいとは思いますが、決して入るべきだとは安易に言えません。
オススメ:住宅ローン借り換えの事ならホムロン

地震保険について知ろう

1399954305984地震保険というのは、簡単に言えば地震が起きた時に、家が損壊したりすると、その補償をしてくれる保険なのです。
また、地震による津波や火災の場合でも補償してもらうことができます。
要するに、地震によって損害を被った場合には、補償金をもらえるわけです。
地震保険の対象としては、基本的には所有している建物と、その家財となります。
ただ、色々と条件が必要となる可能性もあるので、一概にどこまで当てはまるかは言えません。
いずれにしても、地震によって何かしらの損害が発生したのであれば、必ず加入している地震保険を利用するようにしましょう。
どこまでが対象になるかどうかはともかく、必ず補償はしてくれますから、まずは保険会社に連絡を取るようにしましょう。
さて、地震保険に関しては、基本的には火災保険とのセットで加入することになります。
もちろん、必ずしも加入する必要はないのですが、やはり地震大国である日本に住む以上は、地震保険は加入しておいた方がいいでしょう。
ちなみに、地震保険単体で契約することはできません。
地震保険の補償額についてですが、建物の場合は5000万円が上限となっており、家財の場合は1000万円が上限となっています。
もちろん、その他にも様々なオプションなどがあり、それらの加入していれば、さらに補償金額はアップします。
もし地震が生じた場合は、莫大な補償金が必要となります。
そうなれば、民間の保険会社ではとても補償がしきれなくなってしまいます。
そのため、ある程度の補償金を国が出すシステムとなっているのです。
地震保険に加入するのであれば、まずは火災保険に加入する必要があるわけですが、地震保険の内容については詳しく教えてもらうようにしましょう。
保険会社から安易に勧められて加入しても、結局損をしてしまう可能性がありますから、じっくりと検討をした上で加入するかどうかを決めるようにしましょう。

Copyright(C)2014 地震保険の必要性 All Rights Reserved.